貸事務所を探す場合

新しく事務所を構えたい人はまずは事務所となる部屋を探す必要があります。一から購入となると大変なので早く事務所を探したいという人は、新大阪の貸事務所がおすすめです。貸事務所を探したい人は賃貸の建物を専門に扱うサイトを利用するのがおすすめです。どんな人が利用しているのでしょうか?

賃貸物件を扱うサイトを利用する人の声

賃貸しか載っていないので探しやすい

普通の物件サイトを利用すると新しい物件も出てくるので探しにくかったのですが、このサイトは賃貸だけしか載っていないので検索がしやすいです。

登録していると物件情報が入ってくるのが嬉しい

サイトに登録したのですが、新しいテナント情報がメールで届くのでチェックしやすいですね。

希望のテナント情報に近いとお知らせしてくれる

希望条件を入れていたおかげで条件に合う貸事務所がある場合すぐに知らせてくれるのが嬉しいです。

周辺情報も大切

オフィス

検索サイトを利用して探す場合はまずは事務所を構える候補地で貸事務所を探しましょう。地名を入れずに希望の条件の事務所ばかりを探すといざ借りる時立地があまり良くなかったという事態になってしまいます。まずは最寄り駅を決める事と貸事務所の候補を三つまで絞り込んでおきましょう。気に入った物件が見つかったら見つけたサイトに連絡を内見を必ずしておきましょう。物件サイトの多くは物件の写真を載せている所が多いです。ですが、写真では綺麗でも実際に見るとイメージが違っていたという事があるので内見はとても大切です。内見時は事務所内部以外にも周辺情報もよく確認しておきましょう。事務所の近くに風俗のお店が多いと職種によっては事務所に呼びづらくなってしまう可能性があります。他にも内見する事務所がビルの中だった場合、一緒のビルに入っているテナントがどんなお店かもチェックする必要があります。

事務所の設備は必ずチェック

事務所として利用する場合、OAフロア対応は必須です。OAフロアはパソコン機器などの配線を床下収納できるオフィスの事を言います。オフィスでパソコンを利用する場合OA対策されていないフロアだと床に配線を置かなくてはいけないので転んだりする事故に繋がります。しっかり見ておきましょう。

ブレーカーと電源プラグも確認

オフィスはその広さによって電源プラグの数も増えていきます。ここで注目してほしいのがブレーカーと電源プラグの関係性についてです。貸事務所のような場所だと電源プラグと共有元のグレーカーが一つ一つ違っていたり、使える電力に制限が欠けられていたりします。なので確認せずにそのまま事務所を借りてパソコンを使用しても電気機器が使えない可能性があります。なので、事務所に物を運ぶ前に電気・配線工事は事前に済ませておきましょう。

広告募集中