HOME>ホットトピックス>東京で貸事務所を借りる時に大切な事【利用者を意識しよう】

目次

費用の事も頭に入れておこう

オフィスのイラスト

貸事務所を借りる時は必ず初期費用が掛かります。初期費用には敷金、入居した月の共益費と賃料、内装費、引越し費用、仲介手数料、諸経費が掛かります。初期費用だけでもかなりお金が掛るので資金はしっかり貯めておきましょう。借りる予定の物件が中々借り手がつかなかった建物を選んでいる場合は、交渉次第では安くしてもらえる可能性もあるので初期費用を少し抑えたいという人は思い切って不動産と相談してみましょう。

やっぱり安さは譲れない

私服の女性

貸事務所を借りる候補として条件を設ける人はたくさんいますが多くの人が重要視するポイントとして物件の賃料です。賃料が高い所をうっかり借りてしまうと利益が出ても賃料を払うのに精いっぱいというような事になってしまいます。なので月額の賃料に光熱費が含まれているのか、含まれていないのかもチェックしておきましょう。立地条件にこだわらない場合、安い物件が見つかる確率が高いです。人の出入りが激しくない事務所はおすすめです。

利用者を意識

アクセスのしやすさは貸事務所を借りる条件として重要視している人は多いです。ですが、駅から近い貸事務所は賃料が高い所が多いです。ですが、来客の多い仕事場の場合は駅から近い場所の方がお客が利用しやすいです。利用する人の事も考えた事務所選びをしましょう。また、駅から近くても分かりづらいビルの中だとお客さんも利用しにくいです。できるだけ利用者が発見しやすい場所の事務所だとさらに良いです。

事務所が建つエリアによって信用度が変わる?

利用するお客さんの信用力を高めたいという人は貸事務所の位置を東京のオフィス街に移すのがおすすめです。その理由としてオフィス街には大手の企業が多くその土地に建つ事務所もしっかりとした会社であると判断されやすいからです。自分の事務所が何を行うかで事務所を選ぶのが最適です。

広告募集中